絶対に避けなくてはならないリボ払いは悪魔。。

キャッシングやショッピングでお買い物をした時に便利なクレジットカード。
現金が手元に無い時は非常に有難い、非常に助かる便利なクレジットカード。
しかし、使い方や支払い方法など、安易に考えて行動するととんでもない地獄が待っているのです。

デートに可愛い洋服を着て行きたい。
同窓会にはなるべく周りに見劣らない格好で行きたい。
彼女に綺麗なジュエリーをプレゼントしたい。
そんな時時に思わず使ってしまうクレジットカード。
出来るなら1回払い、もしくはなるべく3回払いで終わらせたい。
どんなに新しい洋服が欲しくても、どんなに可愛い靴があっても、それが出来ない買い物はするべきではないし、諦めるのが妥当なのです。

冠婚葬祭、生活費、携帯代、光熱費。
どうしても現金が必要で思わず手が出るキャッシング。
これも出来れば1回払い、出来るだけ3回払いで終わらせるべき。
ATMの様に簡単に出て来る現金。
でもこれば自分の口座から出て来る現金では無く、借金なのだと言う事を思い知らなければならない。

こんな日頃の行動に、悪魔の囁きが聞こえて来ます。
『一度の支払いを決まった金額に出来るリボ払いにすれば、月々の支払いが楽になる』

人間、楽に慣れるのは歩くより簡単です。
その内こういう考え方になります。

『リボ払いで毎月これ位の支払いなら、もっと使っても大丈夫。』

遅れずに支払いをキチンとしていると、限度額も上がって行きます。
そしてどんどん買い物は増え、キャッシング額は増し、リボ払いの額も増えて行きます。

月々の支払い額がキツくなって初めて気が付きます。
『結構払ってるけど、いつ終わるんだろう?』
そして、毎月の支払い額に対しての利子と元金の差に愕然とします。

例えばショッピング枠の限度額が150万円の場合。
毎月2万円の返済での割合。

元金は1,000円程しか減らないのです。
たった1,000円です。

残りの19,000円は利子・手数料です。

安易にリボ払いを活用すると、いつまでも支払いが終わらない地獄の日々が始まるのです。

クレジットカードは全てが借金です。
キャッシュカードではありません。

貴方のそのカード、終わりはありますか?

ただあまりにも困った場合は債務整理のduelパートナー法律事務所 評判などをチェックして
何とか解決できるように努力していったらよいと思いますよ。